長崎の「が」はビダク音
試験管への回帰思想を抱き続ける宮城ま咲の文芸的日々と非文芸的ぽろり。ふろむ長崎
終戦の日は記念日でしかないらしい
冷たいもの食べても頭痛がしない宮城です。

だって冷たいものって冷たいんだよ?そんな一気に食べられないもん。
ちまちま
だらだら
だら…

誰ですか。「美味しくなさそうに食べてるのか」って思った人。



タイトルの意味はー
何ですか、ポツダム宣言の受諾は14日じゃんとか
敗戦が決定的なのは別な頃だーとか
要は、玉音放送が15日ってだけで決められたらしいよっていう、ウンチクですらないぼそり。
だいたいまだ戦争の後片付けも済んじゃいねー。


今年もこっそりひっそり反戦ものの詩を書いていたので(サイトにはのっけてた)
ブログにも載せようなぁって。。。
去年は某ぶろぐ長崎(某ってつけた意味ナシ)で、それまで毎年8月9日にサイトに載せてた詩を1日1個アップしてたなぁ。
ぶろ長…
何か16日ごろから繋がらないらしい…
遂に陥落か?

置いといてー。

某日原爆資料館で催された詩の夕べにも顔を出してみたんですけど。
初回出席で、おこがましさみたいな気持ちが先に立ってしまい、ただのギャラリーで終わってしまいました;
そのくせアフターにしっかりちゃっかりお邪魔。何なんだ自分(笑)
来年がんばう。


----------------------
「走る方がいい」


出し惜しんだ若さは

あの日の空をあかく腫れ上がらせて

君のブラウスを脱がせてしまった


耳あての帽子に憧れたのは

流行り病にかかったからで

裸足になり校庭を駆ける時の

耳らへんが、びょうというくらいの

速度が あれば

いつかありふれた大人になっても

君と

手をつなげたかも知れなかった。


叱られるのは怖かった

ぶたれるのも怖かった

後ろ指さされるのも怖かった

拒むのは、誰もしなかった

日焼けた手足を動かして

穴の開いたシャツを濡らす代わりに

上等のおもはゆいつなぎが

冷たい汗で 重くなる

困っていた

空にいても空が遠くて




君の景色さえあかくなったなら

僕はどうして

裸足で走るのをやめたのだろう

---------------------


1行目の“出し惜しんだ若さは”が浮かんで、繋げて書いてみたら空関係になりました。
私、空関係の反戦モノが多い気がする。気のせいだろうか。。。(自問自答)
いや、夏になる前に書いたのは、空関係じゃないのもあったんですが、それはまた別の機会に。

ともかく。
毎年、長崎の原爆だけを題材にするのはいくら何でもないよなぁっていう気持ちではあります。
出し尽くしとか語り尽くし知り尽くしになる日は来ない。それは分かってる。
けど、もっと広く“戦争”っていうものを捉えたいなぁっていう密かな野望(?)
生粋長崎市民でない私は、きっと逆に、題材を狭めなくてもいいんじゃないかって思ったりしてみたり。

話ちょっと戻って。
8月9日1945年。
長崎では見える月が“見えなかった”らしいですが。
それは月齢カレンダーとかネット上で探してちょっとスクリプトで入力すれば出てきます。
できればちょっとやってみて欲しいなぁ。
人づてに聞くのと、実際に目の前に表示されて「あぁ、そうなんだ」って受け止めるのは若干違ってくる。
10日11日って月はだんだん太っていわゆる広義の三日月になるんですな。
空気中にチリとか水分とか多いと月が赤く見えるって前書いたけども。
その年の8月の三日月はどんだけ色濃かったんだろうとか…
思ってたら。
先日16日の三日月、めっちゃ色があってドキッとした…。
まるでまるで、きっとそういう月が見えたかなっていう感じで。
いやー…
16日は夕焼けもすごく不気味だったですよ。
帰省終了して長崎市に戻ってたんですが、空がめっちゃオレンジに光ってて、最初は「すごーい、キレイー」って見てたけど
重なってる雲から山並みに落ちてきた夕陽はオレンジ色の火の玉で。
即頭痛になってしんどかった…。
台風8号の影響なんかな?
それとも、この日の日中めちゃ暑かったから(熱中症なりかけた)、水蒸気が大量に発生してたとかで?


早く空気の澄んだ季節になってほすぃー。。。


プロフィール

宮城ま咲

Author:宮城ま咲
年がら年中ショルダーバッグで出歩く流行逆行型。
猫の皮を被った柴犬の皮を被ったおっさんのような生きものです。もっさりしているよ!
色々な意味で過渡期(曲がり角だとか何とか)
再開後の当面の目標は「週イチ更新」ですかねぇ。

たまにネタが根づまりして丸ごとやーめたってなりますのよ。あーね



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する