長崎の「が」はビダク音
試験管への回帰思想を抱き続ける宮城ま咲の文芸的日々と非文芸的ぽろり。ふろむ長崎
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰がために雨は降る
先日チトセピアで買い物してたら

ピンポンパンポーン
お客様のお呼び出しを申し上げます



みやぎ まさき さま
みやぎ まさき さま


いらっしゃいましたら…


てエェー(゚∀゚ ;)!?

何を聞き間違ったのか気になります…
思わず、指定された場所の前まで行ってしまった自意識過剰な自分にカンパイ☆(ちーん


さて。
菜の花忌、今年も行ってまいりました。
去年より1本早いJRで行って、駅前で昼食。
去年は朝出る前に食べたっきり夕方までペコンペコンでしたもの…(´Д`)

しっかし…


雨だのぅ

数日前までは
「ちょっとー…歌碑の所に行くべきか、授賞式会場のみになるのか問い合わせとか要るんか?」
と週間天気予報を見ながらソワソワくるくるしてたんですが

当日。

…これだけ本格的に降ったら、まず、ホテルでしかないわね。

駅で田中氏にばったりお会いして(最寄駅で似てるなぁと思ってたけど降りた場所で確信)
「今日はホテルであるってよー」
と伺ったので安心して(?)昼食を…(笑)
マックが混んでたのでうどん屋さんになりました。月末だから500円以上のものは食べるの怖いし(←ウチは月末締めです

看板

式典は1Fにちょこっとしたスペースを設けて、椅子を100脚くらい並べてあるところで行われました。

さてさて。
ここで最も気になったこと!

司会の方が
本日の雨はきっとワタクシのせいではないかと…
そうだ!そうとも!
先週ランチデートで雨が降ったけどきっと私は関係ないさ!あーそうさ…
そう…

すみません。私かも知れません('A`)

中高生の文芸コンクール最優秀賞作品の本人による朗読と、伊東静雄作品2つを田中氏とコスモス音声訳会の方とが朗読。
菜の花をテーブルの簡易祭壇にお供えして、式典終了。
去年は上村氏の追悼を話題にして、今年は風木雲太郎氏を偲ぶとは、何とも寂しい感じです。
風木氏、カンコーの校歌を作詞された方です。歌えます( ´△`)あーりーーいあーけーのぉー

いったん解散して、2Fの去年と同じ会場で授賞式と講演会でした。
今年は入選作ではなしに、奨励賞を2作品でした。
選考が困難を極めて絞れなかったとかいう趣旨の説明が聞こえたようなー…。
1つめは、戦時中、お馬さんに来た青紙(赤紙の馬バージョンです)について書かれた、おおむらさんの『青紙…豊之助の馬』
もう1つは、何かたぶん目まぐるしい現代って死ぬまで気を張って生きてなきゃだなぁって感じがした、下川さんの『サーフィン―水平線の彼方へ ヘラクレイトスと共に』
えー。
今回、前回よりも応募者100名以上の増!!!ですよ!!!><
ちょっとうちのブログが一役買ってたり…は…ないか…ふふ…(←いたい
うちの県からの応募も、例年は応募数順では7位8位くらいに甘んじているのに、今回は東京都に次いで2番目に多かったとか!!
10代の応募が11通もあったとか!!
きゃほー(??
私もコソーリ出しまいた。初めて(ぉぃぉぃ
佳作にすら入ってまてん。
いや、これからね…うん…たぶん…

今年の講演は、最終選者の2人のうち新しく加わった以倉氏でした。
良寛さんの毬つき歌の背景を読み説いて、良寛さんの歌ののどかさや柔らかい言葉には、慈しみや、穏やかな日々が続いてほしいという願いが込められているのではないかーと。
そこにつなげて、伊東静雄の夏の終り・夏の終で詠われているのは敗戦に対する心情なんではないだろうかーと言う感じのお話だったかと。たぶん…おそらく…

メモメモ

自分の詩(のようなもの)って、マイトリーカルナー)のうちカルナーばっかしだなぁと思って寂しかったり頑張ろうと思ったり…。
耳で聞いただけなのでマイトリーカルナーに聞こえる何か別な単語だったらすみません;

ところで、お話し中に、前の列に座ってるおじさまがたが、途中寝てて、受付で購入した伊東静雄の本を何度もドサー、バサーっと落としていたのが気になった。
えぇ…かなり…。


今回だけに限らず
この頃JRに乗ってると、降りる駅に近づいてきた時にやってしまうことが。

切符ではなくなぜか自宅の鍵を取り出して、鍵穴に差し込む持ち方で握ってる!!

…うぁー_| ̄|○ il||li


さぁ

あなたが応募しない限り
講演会のレポートをネット上にあげない限り…



こんなアイタタな私のレポートがネット上にじわじわ流れ込むんですよ!
れっつ応募!(笑


去年の菜の花忌の記事は
こちら
(↑別窓が開きます)
スポンサーサイト


プロフィール

宮城ま咲

Author:宮城ま咲
年がら年中ショルダーバッグで出歩く流行逆行型。
猫の皮を被った柴犬の皮を被ったおっさんのような生きものです。もっさりしているよ!
色々な意味で過渡期(曲がり角だとか何とか)
再開後の当面の目標は「週イチ更新」ですかねぇ。

たまにネタが根づまりして丸ごとやーめたってなりますのよ。あーね



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。