長崎の「が」はビダク音
試験管への回帰思想を抱き続ける宮城ま咲の文芸的日々と非文芸的ぽろり。ふろむ長崎
先月熊本に行ったんだよ。
猫を買ったことがありません。宮城です。
これまで実家で飼ってきた歴代の皆みんな、拾ったり、着いて来たり、かよって来たり。

今年亡くしたさくらさんは、熊本でゲットしてはるばる海越えて連れ帰った子でした。
大学の近くをうろうろしてたのを友人が保護し、私が譲り受けて、一応譲渡先を探してはみたものの全然見つからなくて、実家で引き取ることになったのさ。
当時は難色を示していた母ですが、いつの間にか、もうべったりべったりでした。
出かける日の朝にばぁばを起こすお利口さんだったしなぁ。
心配なので、さくらさん亡くなってからは実家に月1~2回ペースで行くようになりました。
ほら、精神的ショックが大きい出来事があると、認知症進むとかっていうじゃないですか;
母も70代半ばですしー。
今の実家には、私が以前長崎市内で拾ったあきさんがおりまして、だいぶん支えにはなってくれています。
白地が多いので、この時期は猫まんじゅうすぐる。
むにむにのほこほこだよ…はあぁぁぁ…(思い返し悶え)
今年のクリスマスは兄が職場で取り扱ってるケーキとケンチキを持って実家に来るらしいので、私も呼ばれることにしました。
正月は行かない。この点は例年通りです。
その次は父の祥月命日で集まるのかな?たぶん。
場所は実家じゃなくて県北の本家の方だけど。法事の前後にどうするかは未定っ。


さて本題ー
11月の2週目のことですが、熊本に行ってきました。
母方の親戚が熊本に暮らしていて、ご高齢で。
地震でお風呂場が壊れたよとか、ちょっと体育館に避難してたよという話は聞いていましたが、ウチは適切なタイミングで車や健康な人手を出せるというわけでもなし、落ち着いてないところに行ってもお邪魔なだけだよね…ということで、気になりつつ何もできずにいました。
秋になってそろそろ落ち着いたかな、様子見に行こうかという話になって。母も、体の動くうちに熊本行きたいと言うしで。
今回は海越えルートで行くことにしました。
陸路だと長時間バス缶詰か、JR利用するなら時間を取るかお金を取るかみたいな状態だし(何で特急廃止したんだコノヤロー)
にしても久々だよ海越え。
島原外港から熊本港へのフェリーを利用するルートです。
ちなみに島原外港までは島鉄ガタゴト。
船にゆられて熊本港に着く頃にはだいぶん暗くなってましたが、港の入口にてイルカ(スナメリ?)の群れに遭遇。背中が水面からたくさん見え隠れするさまに、寒いデッキで母ときゃいきゃい盛り上がった☆
ホテルは通町筋のエリアに取ってたので、港から熊本駅までフェリー利用者専用のシャトルバス(マイクロバス)で移動し、路面電車に乗り換えて市街地まで移動しました。
街は賑わってたけど、建物の外壁にビシビシひびが入ってるのを見たり、遠目で見た感じは大丈夫そうな建物の前に規制がしてあって立ち入り禁止だったり。
住んでた頃は街もよく遊びに出ていたけど、何度も利用したことのあったうどん屋さんの建物がごっそりなくなっていた(たぶんダメージ大きくて取り壊し済)のが、なかなか衝撃。
寂しいなぁ…。
夕食は何かご馳走でも食べるかどうするかーと思ったりもしてましたが、雨の中を歩いてって一度ホテルにチェックインすると、さすがに疲れが出たね;
「もう混んでなきゃ入ることにしよう!」と上通りアーケードの方に行って、看板が目に留まったのでもんじゃ焼きのお店に入りました。
何気、もんじゃ焼き初体験だよ我ら( ゜∀゜)( ゜∀゜)!
説明書きを一応読んでから挑んだんですが、とにかくあのサラサラの液体が、先に刻みキャベツやウィンナーで作った土手から、平気で流出する;
ドラマとか漫画みたいに上手になんて食べられんよ;;
もうひたっすら、ヘラとコテで鉄板の真ん中より向こうに侵略しないよう、せき止めてかき混ぜてせき止めて…
こんなに忙しい食べ物だったのねw
もう二人とも無我夢中、無心、無言でガシガシと熱中。
頭からっぽにできたので、ちょっとリフレッシュにはなったかも知れんww
帰りにドラッグストアでドリンク剤を買って、部屋で飲んで、一日目終了。

翌朝、ホテルの朝食サービスをいただいて、親戚方へは路面電車とタクシー乗り継いで行く計画でスタート。
熊本の路面電車は馬力が違いますねー。
何か地下鉄系のエンジンの音がするよ!
坂道も上るよ!!
あんな勾配とカーブの応酬、長崎の路面電車だとまず耐えられんな;
車窓からの眺めに母子できょろきょろしていたら、向かいの席のお客さんから
「何かお探しですか?」と訊ねられたり。
膝に乗せてる状態とは言え、お土産のカステラ重いんじゃないかなーと思って、母に持とうかって打診、うんにゃ良か…などとやり取りしてたら

ドシン!

さっきのお客さんが
「今揺れたごた。もうね、ちょっと揺れたら体が反応して分かるごてなっとるもんね」と。

私、最初、母が座り直して車体が揺れたのかなって思った。ごめん母;;


※後日補足
この時ほんとに地震起きてました。親戚宅に着いたら「今日は久しぶりにちょっと揺れたもんねー」と言ってたし)

親戚宅のやや近くの病院で下車、さぁきっとエントランスにタクシー乗り場があって車並んでるさ…と思って行ったら…


タクシーがいない。あれ……


病院の前の道を見ていても全然通りかからないので、ちょっと焦って館内の公衆電話でタウンページ片手に配車依頼電話をかけるも「15分くらいかかります」との返答に、そんなに待てないのでーとお断りする。
で、病院の窓口の方に頼めば、よく利用してるところの車を呼んでくれるのではないかということで、お願いするも「15分かかるそうです
…え、さっきのとこか?別な会社?
タクシーそんなにいないの!?


完全な誤算でした;振り回してホントすまん、母;;


何とか約束していた到着時刻の10分後くらいに着きました。
そんで色々お話したり、お昼をご馳走になったり。
名残惜しかったけども、あまり遅くまでいると、帰りの交通手段が厳しくなるので、おいとま。

帰りに鶴屋に寄りました。お土産買いに、ぴら~っと。
ちょうどくまモンの居る日時だったので、どんな感じで在室してるのかなーと思って“くまモンスクエア”の前まで行くも、ものすごい人だかりでΣ(-∀-`;)
握手とか断念、人垣の間からちらちらっと揺れる黒い物体を「あぁ元気だねー…」と見て、地下食料品売り場へ移動しました。
鶴屋のデパ地下は、2階分あるんだよね。
国内大手チェーンじゃないのにこの規模はすごいと思うんだ!立ち寄る方、魔窟ドハマり注意ですぞ。
母はからしれんこん等を買ってました。
私は、これ↓



こし餡をパイ生地で包んだお菓子



武者がえし~vvv

餡子苦手だった私が「これは…いけるぞ!」と目からウロコを大量放出し惚れ込んだ逸品なのです。
この工場も被災していて、製造再開したのは夏も終わろうかという頃だったんですよね。
先に再開したのは陣太鼓の方だったと記憶しています。熊本のお土産お菓子と言うとこっちの方がメジャーかと。

買い物後、鶴屋から歩いて交通センターのエリアまで移動。
港までのバスの便がなさすぎることに衝撃を受け、せめて熊本駅まで移動してからタクシーに乗ろうか、ということに。
しかしまぁあれだな…交通センター…更地!
これは地震の影響とかではなく、再開発とかそんな感じで建物やターミナルを解体して整備してるだけなんですがね。
センタープラザなんかも頻繁に利用していた施設だったので、やっぱり寂しいー。
むちゃくちゃ時の流れを感じたですよ( ´△`)

で、港に着いた頃には所要時間30分の方の船便は営業時間過ぎてたので、帰りもフェリー。
島鉄の降車駅まで爆睡して降りる直前に起こされるとか;
ホントは当日中に実家立ち寄り後折り返して自分ちに戻るつもりだったんですが、あまりにも遅い時間になってたので、泊まりました。
仕事の休みを利用してあきさんの世話と留守番役で来ていた兄に連絡して、降車駅まで迎えに来てもらったし。


何だかんだで、さくらさん亡くなって以降、家族の距離が少し近くなった気がします。
そんなとこまで気配りさんか!
ホントによくできた娘だったのです。
自慢です。
ちっさな体から愛が溢れとる子だよ。
大学は、入試合格するのが目標みたいになってて向学意欲が湧かず、まさかの中退をかましてしまったわけですが、まぁこんなに上等の猫を拾えたならば、熊本に行っていた意味はあったというものだ。


あーまだやっぱ手触りとか恋しいなぁ…


父の死に関しては本で色々と材料にしましたが、だからって死という現象そのものへの動揺とかを全て上手に処理できるようになったわけではないっす。
悲しいもんは悲しいぜ…



そういっちゃ熊本。
「漫画とかで『ぎゃふん』って言うけど実際には言わないよね」みたいな話、たまにあるじゃないですか。
しかし。
大学在学中にたまたま乗ったタクシーの運ちゃん、運転しながら何かかんかしゃべってくれてた中で
「もうね、『ぎゃふん』て言うたけんね(笑!)」って言ってました。
言うんだ…
まぁ熊本弁というわけでもないのかなぁとは思ってるんですが。
「熊本人が道案内する時は身振り手振りと共に『ぎゃん行ってぎゃん行ってぎゃんぎゃんぎゃん行くったい!』みたいな説明をする」っていう笑い話なんかもありまして。
そこから類推すると…あるかもしれない?w
あの時の運ちゃん、今もどこかで元気にしてるといいな。
ぎゃふんって言いたくなるような出来事も、ぎゃん行ってぎゃんぎゃんぎゃんっと乗り越えて太っとか明るか道に出て、笑って話せてるといいなー。




時に。
今週の長崎新聞で、活水の田中俊廣先生が、拙著について言及してくださっています。
ありがとうございます!






プロフィール

宮城ま咲

Author:宮城ま咲
年がら年中ショルダーバッグで出歩く流行逆行型。
猫の皮を被った柴犬の皮を被ったおっさんのような生きものです。もっさりしているよ!
色々な意味で過渡期(曲がり角だとか何とか)
再開後の当面の目標は「週イチ更新」ですかねぇ。

たまにネタが根づまりして丸ごとやーめたってなりますのよ。あーね



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する