長崎の「が」はビダク音
試験管への回帰思想を抱き続ける宮城ま咲の文芸的日々と非文芸的ぽろり。ふろむ長崎
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかの
まさかの…トップバッター(バッター?とにかく一番最初に読む;)
まさかの……冒頭2行マイクに入らない(ボリューム絞ってなかったか?)
まさかの…


初戦敗退Σ(-∀-`;)


仏具ではありません
詩のボクシング行ってきましたよぅ。
昼からだし~と思ってたら、数日前に
「ワークショップがあるので10時半にウィズビルに集合」
という連絡が。
えーと
えー…
ウィズビルってどこ!?から始まった準備…みたいな…(爆

何作品読めばいいのか見当つけきれずに6つくらい書きました。

当日

中央橋バス停に着いた時点で10:28とか@@;
遅刻しましたよ…軽く始まってましたよワークショップ…ひぃ;
先に着いて着席してた人が4人
私よりちょこっと遅く入ってきた人が1人
用事のため午後から合流なのでワークショップ不参加の人が1人
会場で実行委員さんにプロポーズされて飛び入り参加が1人

合計~…

(ドラムロール入れてみます?)

8人参加しました。
えー…何も言いますまい。

トーナメント形式なので、2作品しか必要なく。
集中してガッと準備しとけばよかったかな(´・ω・`)
1人ずつ試しに読み合わせを行って、楠氏にアドバイス等々をいただきました。
私のは1分半ないくらいだったので
「もっと具体例を入れた方がいい。一般論で終わってしまうと伝わりづらい」
と。
逆にヘヴィな内容を取り扱う場合は生々しいままだと共有できずに終わってしまうので、例えば後半で領域が聞き手にも開かれていくのが感触はいいらしいです。
明るくなっていくとか。
そこからちまちま書き足したので、たぶん読んだ時には2分半くらいになってたはず?


詩のボクシング が、なぜボクシング形式なのかについても説明がありました。
参加者が10人くらい続けて読んでいくと、ジャッジが覚えていられないから(ノ_ _;)ノ
勝ち負け、ということではないですよと。
ある意味「負けを経験する」のが詩のボクシングでもあるんですよとか。


お昼は…
いや、どうするんだろうと思いつつ、
「では14時にまたー」
と言われたら食べに行く気でお金も持って行ってたんですが

吉宗 の茶わん蒸しと蒸しずしのセット

出前が来ました~ヽ(´∇`)ノ

ごちそうになりました~ヽ(*´∇`)ノキャッキャ

楠氏が「…よ…よし、むね…ですか?」と読んでらしてよっしゃーという感じで(何が?
そうですとも。パソも変換できないし。
長崎の人にとってはこれって当たり前のことなんだろうよね…。

13時から観光通りの特設リングに移動して、時間まで個別に準備をしながら待ちました。
あんのぅー…
参加者が荷物を置く場所がないんですけど…
パイプ椅子が20脚くらい出してあったけど、それって観戦する人のためのだよねぇと思ったりして…結局私終わるまで立ってたり(笑
他の人は座ってたみたい。
マイクの音量を個別にチェックしたりして、さぁ盛り上がってきたぞぉわくわく…
実行委員「じゃあ宮城さん赤コーナー第一試合ね」
ってえぇーΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
第一試合出場選手ゆえに、どこに立ってどういう流れで…ていう説明にも出る。

14時、開始。
リングに全員上がって実行委員挨拶。
降りる。
40分くらいスポンサーのボクシング関係の紹介とかスパーリング…。
10分くらい詩のボクシング説明とか審査員の募集…。

ノド乾いてきたんですけどー
緊張してトイレにも行きたいかも知れないかもしれないかもし…なんですけどー
飲みモノは1人1本ずつ配布してもらったのがあるんですけど…トイレ行きたくなったら我慢しながら読むのとか嫌だし、ゴクゴクッとは飲めないじゃないですか(´Д⊂
立ちっぱなしで疲れてきたんですけどーーーーーどー…



リングに立つ前にある程度燃え尽きてたといたとかいないとか(-ω-`)
近くだったのでメールしたら昭和堂ゆるりの人々も見に来てくださって、せめても心強かったな。

あとは上に書いたとおりですよ。えぇ。
我がこたぁ割愛☆


津軽弁で読む人とか、長崎弁で読む人とか、「あれ?ここ放送コンクールだっけ?」っていうくらい声の奇麗な人とかいました。
飛び入りの新聞記者さんは即興。2回戦まで勝ち進んでた。
あとは、詩を1つしか準備してないどうしよう><って言ってた人が勝ち進んだとか☆
蓋を開けるまでどうなるか分からないという意味では、ワークショップ欠席で楠氏に指示をいただく暇がほとんどなかった東高の(だっけ?)女子
優勝したよ(゚∀゚ )しゅごいねっ


思ったのが、
予想に反して、ポエムを読む人が多かったなっていう点。もっと「燃えたぎる俺の心の叫びを聞いてくれー!」という感じなのかなぁと勝手に思っていたので;
女性が6人出場したというのもありますかね。あっ私は含まないから5人か(ぇ?
好きとか嫌いとかあなたがきみが…そういうのの割合多かったな。
審査員5人中1人しか若い人がいなかったのに案外恋愛詩のウケがいいっていう(*´艸`)

私のは…
えー長くなるので次にでもこそっと載せますが(お目汚しなので今回はバサッと行きますよ><
色気要素皆無でしたとさ。。ふっふっふ…くっくっくっく…ハァーッハッハ(以下省略

対して、男性のは、自分の子供についての回想(きっちりオチのつく愉快さ)とか、新聞社での仕事の中からひとコマを、ていうのでした。


えとさ

1人3分と聞いていたんですが。
始まる前に
「ストップウォッチ持ってない?」
と訊かれて
「…ン?」
と思いはしたのですが。
えー
3分すぎてもゴング鳴らないんですね…?
読みきるまで鳴らさないんですね??
これ、準決勝の最後の試合くらいになってから気づいた;

…マイク通ってないのに気付いた時点で読み直せばよかった(´Д`)。

それとも暑さのせいで私がカン違っていたのかしらん。腕時計の秒針3周してたような…


ここから先は丸々愚痴かしらそうかしら。

大会説明の間、後ろで見ていた方が
「話が長いのはちょっと面白くないね…」
とおっしゃってたのが聞こえた。
私も、いや私はトップバッター(あれ?トップ何っていうの?ボクシングはw)だからそう感じたのかもしれないけど、本番始まるまでが長過ぎ。
何のイベントなのか分かんないくらいに長過ぎ。

審査員5人のうち2人が通行人で
残りの人も、アナウンスクラブに所属してるという方が1人いたくらいで
詩とか朗読とかそういうものにノータッチで過ごしている人の割合が高すぎる。
てか、途中で1人帰って別な人に変わってたし…。

詩のボクシングについてよく知らないー、テレビで見たこともないーっていう人が結構参加してたのも、個人的にはちょっとびっくりした(笑

大会終わって
「楠氏にお話を伺ってみましょう~」
の場面で、まず
「青コーナーから先に呼びますよね…赤はチャンピオンで青が挑戦者だから」

はぅorz
いや、私はそれに関しては知らないので終わってから気づいたクチですが。


いろんな意味で、
初の長崎大会の醍醐味を感じまくりな一日でした。
うん、今回の記事あまり面白くないですね…すみませんヾ(゚▽、゚ )ノ←解放されてはちゃけた


※7月28日(月)追記分は折りたたんでます。
NBCで動画みっけました(゚∀゚ )

7月28日(月)追記

NBCのサイトに動画ニュースアップされていたのでリンク貼っといてみます。
何か月見られるかは知りませんけど(´ω`*)

NBC(詩のボクシングニュース画像)
クリックで別窓開きます。
音が出るので注意してくださいな~。

8月10日さらに追記。
動画ニュースはもうデータがなくなったのでリンクを解除しました。
見れなかった人らっきぃ←
この記事に対するコメント

トップボクサー(バッターでないとしたらこうでも呼ぶしかないのか・・)お疲れ様でした。
テレビで観るのと、実際は進行の仕方が違ってて、さぞかし戸惑われたことでしょう。
ジャッジにはもの凄く主観が入るので、判定はかなり予想外の事が起こるのかも知れません。
立て、立つんだ~ ま咲~!!(あしたのジョー風)
【2008/07/27 23:48】 URL | chyou #TRlOk17w [ 編集]


へー、詩のボクシングなんてのがあるんですねー。
まぁ芸術に勝敗はないんですけど、そこガチで戦るっつーんなら血沸き肉躍りますわな。
そら興奮して八神化してしまうのもうなずけます。
また、トーナメントってのも熱いですねぇ。やっぱ負けたら終わりの崖っぷちな緊張感の中でこそ戦いを楽しめるってもんですよ。
審査員がその辺から引っ張ってきただのってが一瞬「グダグダだなぁ運営」と思ってしまいましたが、詩に関してシロートの胸に響いてこそ本物という運営の方針なんでしょうか?
【2008/07/28 12:40】 URL | Kowju #7S9/LGpM [ 編集]


>chyouさん
トップは某放コンでも当たるとドンヨリするポジションです。トップを読ませてからその後の調整の仕方とか決まってくるところもあるので…
最初に申し込んで名簿の一番上に居たからでしょうかね。
テレビと今回のとを比べて言えるのは、そらやっぱテレビで見るのは運営サイドが慣れててしっかりしてるっていう点でしょうか(笑)
今回と同じようなタイプの人がジャッジするなら私の作風だと次回以降も受けがよくないのは明白です…i-229

>kowjuさん
「芸術に勝敗はない」深いですね~☆
ガチでやるって言っても判定基準が何とも言えないのでどっち向きに頑張るっつーねんて感じです。
個人的には、こんだけ出場者少ないんだからいっそ総当たりにでもして欲しかったくらいです。優勝者でも3作品しか読めないんですよ?
素人の胸にも響く“詩”だったのかな…パフォーマンスの要素もかなり大きかったですよ。
そして何より、屋外だったから暑かった…暑い戦い…;
【2008/07/28 17:38】 URL | 宮城ま咲 #pYrWfDco [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://miyagimasaki.blog79.fc2.com/tb.php/43-197d769a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

宮城ま咲

Author:宮城ま咲
年がら年中ショルダーバッグで出歩く流行逆行型。
猫の皮を被った柴犬の皮を被ったおっさんのような生きものです。もっさりしているよ!
色々な意味で過渡期(曲がり角だとか何とか)
再開後の当面の目標は「週イチ更新」ですかねぇ。

たまにネタが根づまりして丸ごとやーめたってなりますのよ。あーね



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。