長崎の「が」はビダク音
試験管への回帰思想を抱き続ける宮城ま咲の文芸的日々と非文芸的ぽろり。ふろむ長崎
今年もよろしくお願いします。
はい。年明け1回目の更新ですー。

皆様、おせちは召し上がりましたか?
うちはこの数年、大晦日の夜からおでんを仕込んで、年明けて3日くらいはほとんど毎食おでんです。
シメはうどんね。
それまではおせちっぽーい感じにお重に詰めたりしていたんです。一応。形だけ。
言うても、誰かに食べさせるわけでもなく、自分だけが食べるものなんですが。
紅白なますとか田作りとか昆布巻き辺りは、割と好きです。たたきごぼうなんかも美味いですな。
あとは伊達巻や唐揚げ、チャーシュー、肉で野菜を巻いたやつも入れてたっけ。
きんとんとか煮豆は苦手です。甘い;
数の子もわざわざ食べたいという気持ちにはならないかな;
(好きって方、ごめんなさいね)
そんな感じで、あっためても食べられそうなタンパク質メインの準備をしてたんですよ。
ほとんど買って来た物だったけどな。。
しかし。
おせちは寒い;
食べる時にお皿に取り分けてレンチンしても知れてる;
なんちゃってお雑煮も作ってたんですが、それと一緒に食べても震えが止まらない;;
で、食事の度に寒気に襲われていた私は
おでんなら汁気もあったかい、食べる物もあったかい!タンパク質!火入れすれば食中毒リスクも下がりそう!
という思いつきにて、この数年は正月おでんで過ごしていたわけです。


で・す・が

まぁ今年いい加減気づいたよね…




毎食おでんは飽きるわ(;´Д`)




これでも回を重ねるごとに少しずつ工夫とかしてるんですよぅ。
年末になるとスーパーの練り物系の棚はかまぼこ祭りになっちゃっておでん種の取り扱いがほぼなくなっちゃうから、クリスマス頃に買いだめして冷凍庫にストックしておくとか。
たまごは生を買ってきて一々ゆで卵にするよりも煮卵買って入れた方がさっさと食べられるとか。
で、野菜不足に陥るのを食い止めようと(大根だけじゃ心許なし)ロールキャベツや輪切りの人参も入れるようにしたり。
ちなみにロールキャベツは「今回食べよう」と思う前の回(昼食べたいなら朝)の火入れの時に鍋に入れる。そしたら、分解しづらい(餅巾着やぎょうざ巻も同様)
ロールキャベツ、かんぴょうで帯締めてるやつならそこまで煮崩れ早くないんでしょうけどね…ちょうど良さそうな個数で売ってるのが、帯締めてるタイプじゃなかったのさ;
あとはそうだな、今回は牛スジは串に刺してあるタイプではなく、加工済み袋入り牛スジ(国産!熊本で加工されてたよ☆)を買いました。べつに串なくてもいいんだ。目的は牛スジなのだからな。
でもやっぱり、おでん連食は厳しいなー
今年は途中でしんどくなって、スーパーで生サラダを買いました。


あぁ…冷たくて味の染みてないあっさり野菜…美味しい……


来年以降に向けてまだまだ工夫の余地はあるようです。
いっそおせちもどきおでん二本立てにしちゃう?



さてさて、今年のお正月は、おせち以外でガッツリと縁起を担いでおりました。


昆布→よろこんぶ→喜ぶ
鯛→おめでたい



というわけで…




昆布と鯛?



コブダイ。





うーん…
いやね、実は今年、正月早々おデコが腫れあがっていたのです。
前髪で隠してたけど、かなりぼっこり。
さしずめコブダイ?
でもアゴはこんな出っ張ってないか。
コブが張り出してきたらオスに性転換できるらしいんだけどなー私には無理なのかなー…







じゃあこっち。(じゃあって?)







メガネモチノウオ


ナポレオンフィッシュしてました。
どうだ、めでたかろう。



最初に気づいたのは、おデコの症状じゃなくて、耳下腺の腫れでした。
左の耳の下さ、鏡で正面から見ても分かるくらいに腫れてきて。
「あらー、おたふく風邪?確か私かかってないもんねぇ」
ということで様子見。
夜はあまりにも耳周辺痛くて眠れず、サロンパスなど貼ってみる。
痛み止め使いたいし腫れにも効果があるだろうということでロキソニンも飲む。
翌々日くらいには何故かおデコが痒くなってきた。これまた左側。
熱とか咳とかそういう症状はない。耳下腺は左しか腫れてないまま。
「虫刺されかなーかぶれたかなー雑菌でも入ったかなー免疫力低下してんのかなー」
と、古い化粧水等々は廃棄して、うがいの回数増やしたりなんかしつつ、更に様子見…
なんかおデコめっちゃ腫れてきた!!
で、近所の内科に行く。
しかし何をどう伝えたらいいものか分からなくて、診察室にて左の耳の下が腫れてきた旨話す。
他にどこかおかしいところあるかと訊かれて、関係あるとは思わずに、まぁ何かの判断材料になるかなーくらいの気持ちでおデコを見せたら
「あー…こりゃヘルペスじゃないのかな


え。
マジすか(゜д゜)


血液検査も一応しときましょうってことで採血。
それで、来週また来てねって処方箋渡されて、薬局行っただよ。
何か薬剤師のにーちゃんが気の毒そうな口調で軟膏の説明をしてくれたよ。

違うから!
詳しく話しづらい部位に塗るんじゃないから!!
おデコだから!!!



そんで、軟膏と飲み薬を手に、帰宅。


翌週、月曜は祝日だったので火曜日に再診。
血液検査の結果は、何だか清々しいほどに異常なし^^;
まぁおたふく風邪でもなかったわけですね。
帯状疱疹で間違いないだろうねーみたいな流れで、追加の処方箋を出される。
「薬全部飲み切ってもう何ともなかったらいいよ」ってさ。



で、毎日抗ウイルス薬を飲んだり塗ったりしています。
バルトレックス錠500を1回2錠、1日3回(毎食後)
最初の4日はロキソニンと胃薬も一緒に。
塗り薬はアラセナーA軟膏3%を1日2回くらい。
これがまた、バルトレックス錠デカい!そして高い!それが7日分
新春だからって大放出ですよ…お財布ぱっかーんだよ…シクシクシク…



病院の先生にも、薬局の気の毒そうなにーちゃんにも、ストレスとか疲れとか気をつけろって言われたから、あんまり無理しないように心がけて過ごしてます。
一昨年に猫まんじゅうが調子崩して看病に行った時も、昨年正月に母が猫まんじゅう脱走阻止しようとしてスッ転んで骨折したのを世話しに行った時も、おしゃもじさんの看取りの頃も、短時間睡眠とか数日周期で行ったり来たりとか結構無茶しても大丈夫だったのにねー。
やっぱり、出版にまつわる色々で、か?
他に変わった事思い当たる事ってないもんで;
おデコの腫れは治まってきたけど、かさぶたが出来て若干おぞましい様相です;
そして時々痒い!寝ぼけて掻こうとして薬がベッタリついてどんより。
髪の毛が触るとピリピリするので、家では結ったりピンで留めています。
あと、小さい剣山をそっと押し当てられたみたいな痛みが不定期に発生するものの、検索して出てくる説明にあるような激しい痛みは、今のところないです。
そんでも三叉神経の帯状疱疹は目とか耳とか近いもんで、こじれると障害が残るとか怖い情報もあった;
客観的な「あんた色々溜まっちゃってるよサイン」も出たわけですし、しばらくはのらりくらりとマイペースにいこうと思います。
よろしくご了承のほどお願いいたします<(_ _)>





そう!あとそう!またまたご報告ありました。そうそう!

神戸新聞12月27日付にて、細見和之先生に書評をつけていただきました。
ありがとうございます!
ブログやツイッターなどで取り上げてくださる方も更に増えました。
感謝かんしゃです。







この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://miyagimasaki.blog79.fc2.com/tb.php/71-877841b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

宮城ま咲

Author:宮城ま咲
年がら年中ショルダーバッグで出歩く流行逆行型。
猫の皮を被った柴犬の皮を被ったおっさんのような生きものです。もっさりしているよ!
色々な意味で過渡期(曲がり角だとか何とか)
再開後の当面の目標は「週イチ更新」ですかねぇ。

たまにネタが根づまりして丸ごとやーめたってなりますのよ。あーね



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する