長崎の「が」はビダク音
試験管への回帰思想を抱き続ける宮城ま咲の文芸的日々と非文芸的ぽろり。ふろむ長崎
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古 くて新し いタイプのやつ。
冷凍庫(冷凍室)の便利さにすっかりやられています。宮城です。

アイスや冷凍食品、肉、小分けのご飯はもちろんのこと、
可燃ゴミの日までの生ゴミストック常温のゴミ箱じゃニオイや虫害が大ごとだ
食パン(袋のまま^^;パン同士がくっつかないよう立てて入れるよ)
火の通りやすい大きさに分けたきのこ、使いかけのもやしささがきごぼう、途中まで使ったニンジンピーマン傷まないうちに切り分けてイン!
キャベツ玉ねぎは一度冷凍すると食感がけっこう変わっちゃうけど、自分が食べるんだし気にしない。傷むよりマシ☆
この方法で野菜を何種類もストックできると、冷蔵保存の時みたいに傷むのを気にして無理やり急いで食べなくていいから気が楽だし、一度の料理にちょっとずつ色んな種類を入れられて、いい感じです(*´ー`)人
以前は、まとめて作ったホットケーキお好み焼きなんかも冷凍保存してました。最近焼いてないけど
宅配ピザなんかも1切れずつラップで包んで冷凍庫に入れて、後日ちょっと贅沢な朝ご飯として食べたりしてました。
家電量販店で小さ目2ドア3ドアタイプの冷蔵庫を見てると、冷凍室が棚なかったりドアポケットなかったりして、使い勝手悪そうだなーと思ってしまいます。まぁ初めての一人暮らしとか、料理しないとかなら、あれでも事足りるんかな…
いっそ冷蔵室と冷凍室同じサイズにして、冷凍庫内にも棚板2枚設置できるのがあればいいかもって気分です。まだしばらく買い替える予定はないから、言うだけー

こんな感じで食生活は一歩ずつ向上している楽しい過程ですが
ネット環境や家電製品自体のスペックなど、人類史上で比較的新しめのものについては、どちらかと言うとブレーキかかり気味です。
ケータイは折り畳みタイプのFOMA
写真をしっかり撮りたい時に使うカメラも、こだわりのデジイチ…とかじゃなく、四角い平たい小さいコンパクトデジカメ
テレビは2002年製のブラウン管です。しかもSANYOですよ!年々廃棄するのがもったいなくなってきた;苦笑
左右の字幕が切れて読めないし、番組エンディングで表示される人名も字が小さくて見えないけど、地デジ自体は見られますよ。
ケーブルのコンバータをテレビ本体の上に載せて使ってます。薄型にはできない置き方だぜぇ
PCはLANケーブル挿してネット接続して、使わない時はケーブル抜いて。
プリンタも無線じゃなくUSBでPCと繋いで使います。スキャナ機能まだついてない、「インクが5色になった!すごい!」って言われてた頃のが現役。
PCのOSですか?
もちろん…Win7ですよ!?ご期待通り!w
Windows、バージョンが新しくなるごとに画面がごちゃごちゃカラフルになっていくのが煩わしいなぁ;
今デスクトップはクラシックタイプの表示にしてます。
この、ワカゾーなのか古臭いのかわからない私、自分のサイトを作ったのは2000年11月でした。
当時はプロバイダが無料の容量を個人ユーザに提供してくれてたんですよ。
ネットで知り合った友達とかがサイト作ってるのを見てるうちに、自分も作ったという流れです。
今みたいにブログなかったんだよー。
素材屋さんでフリーの素材をお借りしてページを装飾してな、


「小さな停留所」TOPページ



こんな感じ。
バス停のイラストと右下のノートは、サイト運営当時に素材屋さんでお借りしていた画像です。
あ、図書館の隣のNEWて表示、UPだったかもしれん;
元々は動くアイコン素材(これも借り物)を貼ってたんだけど、スクショのタイミングが悪くて文字がない瞬間を保存してたので、ブログに使うに当たって急きょペイント画面で打ち込みました。しまった;
いやぁ、カウンタとか時代を感じるなぁ…
イラストページの名前が美術館なのはご愛嬌;
バス停っぽいランドマークっぽいコンテンツ名にしようと思ったら、こういうことに(;´ω`)
このサイトですが、2015年の2月末までで閉鎖しました。
直接の理由は、プロバイダが無料の容量提供を終了するから(代替案は一応案内されていたが)でした。
それ以外にも大なり小なり、続けて行くのが難しいなと思う理由はあり。
あれは2010年ごろかな?FTPソフトの脆弱性を悪用して個人サイトにウィルス埋め込まれる事案が複数報告されて騒ぎになってたの。そんで訪問者が感染しちゃうぞっていうの。
一応自分のとこもザックリ確認して大丈夫っぽかったんですが、そういうリスク自体が解消されたわけではない。
モヤモヤと不安が続く中、だんだん更新頻度が低下しました。
更新頻度が下がることに慣れると、もう作業そのものが煩わしくおっくうに思えてきて;
不安感に抗ってまで更新するほどのやる気も起きず。
そうこうしてるうちにSNSサイトでお着替え~とか、そういうゲームの方に時間も興味関心も移って行き。
なので、最後の5年くらいは、ほぼ放置状態でした;;
一時期はスタイルシートとかでレイアウトに凝ったりしてたし、textファイルでHTMLタグを自分で打って(都度イチから打つわけでもなく大部分の文言は過去に作ったページからコピペですが)
16進数のカラーコード(ブログなどで記事作成中に文字色指定する時に使う山カッコ内のシャープ記号と0~9の数字・a~fのアルファベット)で文字色ちょっとずつ変えてみたりとか、やってたんですよー…

お題サイトで借りたテーマに合わせてUPした作品

こんなんとか。
作品ごとにページの地の色も変えたりしてたけど、後期はやたら黒いページ作ってたな。
行のセンタリングや右寄せも妙に好きだったよねぇ;
あ…思い出してるうちにだんだん痛くなってきた……/(^O^)\
作品は既発表未発表色々で、月に2回前後UPしてました。
猫や花や風景の写真もあったのぜ。
写真も最初はフィルム現像したものをスキャナ(スキャン機能だけのやつさ!)で取り込んで使い、
そのカメラが裏蓋壊れてフィルム入れられなくなったのでAPSカートリッジのカメラを買い、その現像写真をスキャン
そのAPSカメラもぶつけたか何かでカバーの一部が欠けたため、コンパクトデジカメに買い替えて。
そのコンパクトデジカメは、充電用卓上ホルダからUSB接続でPCにデータを送ることができ、スキャナがよく動かなくなって廃棄した後でも写真をサイトに使うことができました。
しかし昨年の3月に鳥取旅行をした際、砂丘の照り返しでCCDが焼き切れちゃったらしく、もう何をどこで撮影しても白っぽい画面に謎の横線がびゃんびゃん入る写真しか撮れなくなり、買い替えました。
そしたら新型さん、PCに繋ぐためのケーブルを挿すところがなくなってた。びっくりした。
よく考えたら、SDカードをPCに直接差し込めばデータは使えるんだった;今頃気づくか?ww

なんだかアナログ思考なのか、いっそアナクロなのか、良く分かんないですな。

ちなみに、実家で母が年賀状作成に使ってるのは、ワープロです。
シャープの書院!これまた懐かしいね!
昨年実家に行った時に年賀作成に立ち会ったんですが、人名漢字で出てこないのがあって。
住所録画面で読みを入力して変換しても、変換候補に出てこないっていう。
その人の分だけ手書きで毎年出してるらしかったんですが、なーんとかならんかのぅ…と思って。
今年に入ってから、Unicodeとか私がネットで調べてその情報でワープロ内部の何かしら機能を使ったら、表示できんかな?と思ってみたり、もう外字としてワープロに教え込んだら…と手書き画面でペン型の道具をカシカシ動かしてみたり(フォントごとに作らないと目立つからボツ)
諦め悪くワープロの画面上の機能をいじったりしてたら、辞書があることに気づいて。
そこで漢和辞典を呼び出し、部首か作りかどっちだったかでその問題の字を探してみたら、収録はされてた!
「あれぇ!この機能を住所録の入力で反映とかできんのだろうか??」
とあちゃこちゃ更に見ていたら、あれや。区点コードってのが表示されとる。
この情報をもとに住所録をいじってたら、遂に特殊漢字入り宛て名の出力ができるようになりました☆どんどんぱふー
後日見てみたら、区点コードは紙の漢和辞書にも(少なくともウチのには)載ってました。
区点番号ともいうのかな。

4ケタの数字。「宮」という漢字なら、2160です(書院の漢和だと21-60という表示だったかな)
書院の住所録の入力欄でペンツールを起動して。
画面下部の枠の右の方にある“区点機能”を選択。
宮という字を出す場合は、4ケタのうちの前半「21」を、空欄左側に打ち込みます。
それだけでもだいぶん候補が絞れるけど、4ケタのうちの後半「60」も右側の欄に入力すれば、どんぴしゃでありましょう。

もしも

まだ自宅にシャープのワープロ書院があり、宛名印刷などにも使っているが、常用じゃない漢字で印刷できないものがあって困っている

という方がいらっしゃいましたら、お試しください。
いるのかな…まだいるよねきっと…ガラケー使ってる私のような「あえて古いものを使い続けているのだ!」という方が…
いるさ!

古いものは時に新しく、刺激的で、多数派の道具にはない発見をもたらすのです><!!!




おっと。
ここでありがたい拙著紹介情報新着分をば。

2月24日、長崎新聞文化面にて、文化部の阿部成人さんからご紹介いただきました。

それと、

2月発行の大阪文学学校・葦書房『樹林』Vol.625にて、松本衆司先生に詩時評書いていただきました。

どうもありがとうございます。

拙著のご紹介情報は、原則として、入手しやすい紙媒体のものについて、こちらのブログで通常記事の末尾にチラッと挙げさせていただいています。
あんまり
関連情報激烈アピールあれもこれもあますことなく個人のお名前も載せまくり独立記事を作成!
みたいなのは、私のやり方として展開するにはどうかなぁと思っているので…。
ネットや同人誌、個人の方の発行物などでも取り上げていただいております。
私が把握していない分もあるかとは思いますが、大変光栄です。
この場にて御礼申し上げます。

相変わらず、いただいたお葉書やお手紙等々へのお返事が遅くて、すみません。













この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://miyagimasaki.blog79.fc2.com/tb.php/73-5b95c53b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

宮城ま咲

Author:宮城ま咲
年がら年中ショルダーバッグで出歩く流行逆行型。
猫の皮を被った柴犬の皮を被ったおっさんのような生きものです。もっさりしているよ!
色々な意味で過渡期(曲がり角だとか何とか)
再開後の当面の目標は「週イチ更新」ですかねぇ。

たまにネタが根づまりして丸ごとやーめたってなりますのよ。あーね



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。