長崎の「が」はビダク音
試験管への回帰思想を抱き続ける宮城ま咲の文芸的日々と非文芸的ぽろり。ふろむ長崎
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続けようか、定点観測♪(写真多めです)
出先で知らない人に道を訊かれます。宮城です。

東京で(しかも具合悪くて駅のベンチでグッタリへばってる時に
明治神宮に行くにはどっちの通りが近い?」と英語で訊かれたり
京都で地下鉄の駅から地上に出てきてさぁ南禅寺はどっちかなーと探そうとしたところで
南禅寺はどっちに行けばいいの?」とやっぱり英語で訊かれたり
大阪では、谷6駅の改札近くの通路でホームの位置を訊かれました。これは日本人による日本語だった。
一番上のケース以外は何とか案内できたけども、何故ジモティじゃない私に訊くのだ;
私だって大荷物だったりガイド本手に持ってキョロキョロしたりしてたのになぁ( ´△`)

乗り換えぐるぐる大阪の旅、この3月までで一区切り。
通信教育部の詩クラスは渡り歩いたし、自分の本も1冊出したぞということで、大阪文学学校は退校してきました。
こないだのスクーリングは懇親会の後も名残惜しくて粘って居残りしてたらお誘いいただき、二次会三次会とあの辺飲み歩いてきた☆
(実はウコンのサプリでドーピングして臨んだ)
色々濃い話を聞かせてくださった方々、遅くまでありがとうございました。皆さん無事に帰れたのだろうか…
長崎から大阪ともなると、日帰りとかキビキビこなせる体力も気力もないもんで、毎回2泊のゆっくり日程で組むようにしてました。なので一度のスクーリングで5万近くかかってた。それが年に4回だったからね…ちょっとした参勤交代?

これからは、九州内での文芸的な行事とかへの参加度合いを上げていこうと思います。
あとは家族サービスかなぁ。片方残った親も、数ヶ月の差で戦前生まれですし。
動けるうちに連れ回すどー!



そんなこんな、ろくすっぽ周辺地域の書き手さんとの情報交換できる場に出かけていない私ですが、県文芸以外に定点観測よろしくコンスタントに出席している行事があります。
それが“伊東静雄菜の花忌”諫早で毎年3月の最終日曜開催。
高校生の頃も、文学部(よそでは文芸部と呼称するあれ)放送部かけもちしてたので、一応参加はしてたんだけど、その頃はまさか大人になってこういう関わり方をすることになるとは夢にも思わず…。


何となく気づいたら立て看板とか携帯で撮る習慣がついていたので、古い画像どれくらいストックあったかなぁーとカメラフォルダをあちこち見てたら、10年分出て来ました。定点観測言うて、ちょっと違う対象を撮影してる年もありますが^^;
あ、今このブログの古い記事見返してたら、2007年の看板もあったか。しまった。それは今回は載せんとく;ページ長くなるし;

まずは2008年
伊東静雄賞授賞式及び記念講演は、毎年このホテル道具屋で行われています。
2008年菜の花忌
第十八回とか…今から思うとホント随分前やんな…
菜の花忌自体はもっと回を重ねていまして、この年が第四十四回だったはず。


2009年の分。これこそ過去記事と全く同じ写真。。
詩碑(諫早公園中腹)
これは詩碑。
諫早公園の中段にあります。
詩碑に刻まれているのは作品「そんなに凝視めるな」の一部。三好達治の書らしいです。

いつものホテル入口立て看板。
2009菜の花忌(ホテル)
斜線は照明が写ってるんだよ!集中線じゃないよ!


2010年
2010菜の花忌(公園)
詩碑へ続く石段はこんな風になってます。
この段の途中で止まって献花の順番待ちするのはツライ…
私は三半規管が弱いせいか、平衡感覚に負荷が来てフラフラするので、前傾姿勢をとって耐えるようにしてます;
この石段の下の広場に参加受付記帳台があります。まず公園入口からその広場までもけっこうな石段があります。
ヒールがほっそい上等の靴では来ない方がいい感じ。滑りやすい靴底もちょっと危険。

ホテル…の中。立て看板の写真紛失;なぜだ;;
この頃はまだ窓のあるやや小さめの部屋で記念講演会が行われてました。
2010菜の花忌(ホテルの中)


2011年
2011年菜の花忌
確かこの時の市川さんの記念講演を機に、ステージがあって椅子席も3ブロックくらいの広い部屋を使うようになったんじゃなかったかな…


2012年
諫早公園の階段入口
2012年菜の花忌(公園)
いいお天気だね。

ホテル入口
2012年菜の花忌(ホテル)
この頃くらいから「この看板を毎年撮影する」と意識するようになったかなぁ。
自分の行動記録みたいな感じで。


2013年
2013年菜の花忌(公園)
このくらいから、公園の桜の開花状況「今年はどんなかな」と気にするようになる。
この年はホントみごとだった。

ホテル入口
2013菜の花忌(ホテル)
立て看板を撮影する時は駐車スペースに出入りする車に気をつけましょう。
係の人、私が看板撮影してから入って行くのに年々慣れて来られた感がある…気のせいかな?笑


2014年
2014菜の花忌(御書院)
母校の敷地内“御書院”の桜。
この頃から、式典1時間前くらいには最寄りのバス停に着くようにし、高校の中を通って公園に向かうように。
放送部はよくこのお庭で発声練習してました。まぁ春休みだし昼食時間帯だから、後輩に遭遇はしていない。

ホテル入口
2014菜の花忌(ホテル)
引いて撮るようになったな。落ち着きが出てきた?
最初の方の定点写真はブレてたりアップ過ぎて端が切れてたりだったもんなぁ…


2015年
そろそろ写真の数も大変なことになってきたので、割愛して載せますよ;
2015菜の花忌(ホテル)
ホテル入口。


2016年
大丈夫かな…ブログの読み込みに時間かかったりPCなどアツアツになってたらすみません;;
2016年菜の花忌(公園)
公園入口。春らしい明るさだね。
この奥に水路があって、向こっかわに売店と自販機があります。
反対側には眼鏡橋があります。元々は本明川にホントにかかってたんだけど、今は公園内に移設してある。


さて。今年…2017年
2017菜の花忌(公園)
ん、ちょっと寒々しい感じ?

2017菜の花忌その2
桜が咲いてないよ!!
今年は九州はほんっとに桜の開花が遅かったんですよ;
3月の途中で急に冬の寒さが戻ってきたからね…
そんで4月になったら今度はいきなり最高気温25度近くまで上がったり@@;
何着て寝たらいいのか選択を誤って風邪引いたよ;;;



さて、駆け足でおおくりしてまいりましたがー。

肝心の伊東静雄賞、私まだ佳作にも入った事がありません…
というか、毎年の受賞作を見ているうちに気おくれしてきて、一昨年までの数年間は応募もしてなかったり;
でも、選ばれる作品に傾向があっても、それは最終的にそうなってるというだけだよなと思い直して。
まずは佳作に…佳作50に入れるように精進なのです!
いつまでも看板撮影に行く人じゃーしょうがないのよ><!!
記念講演会も毎年色々「へぇ~!」と思う話があったりして面白いです。
そんなすぐに理解して即作品に反映させられるほど飲み込み早くはないんですが、まぁだんだんと、じわじわと糧になって向上につながるといいなぁ…


4月な。
祖母の祥月命日で本家に行って風邪がちょい悪化してたので図書館の本が読めず、こないだ再貸出し手続きに行ってきました。
そういや去年も借りた本が読み切れなくて再貸出しを申し込んだんだったの。
去年はな、ちょうど返却期限間際に地震が来たんだよ。あれから1年や。
今年はホント、九州内の他県に出かけて泊まったり買い物したり美味しいもの食べたい。
うちの県も修学旅行客がよそに流れちゃって旅館業とか厳しくなったとこもあるけどな。
これほど地理的に近いところの痛みだよ。私にできることって、活発にウロウロすることかなと思うんよ。
キャリーバッグ引いて歩き回るのも少しは慣れてきたし。
出かけるぞー!










この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://miyagimasaki.blog79.fc2.com/tb.php/74-e9c46ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

宮城ま咲

Author:宮城ま咲
年がら年中ショルダーバッグで出歩く流行逆行型。
猫の皮を被った柴犬の皮を被ったおっさんのような生きものです。もっさりしているよ!
色々な意味で過渡期(曲がり角だとか何とか)
再開後の当面の目標は「週イチ更新」ですかねぇ。

たまにネタが根づまりして丸ごとやーめたってなりますのよ。あーね



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。