長崎の「が」はビダク音
試験管への回帰思想を抱き続ける宮城ま咲の文芸的日々と非文芸的ぽろり。ふろむ長崎
師が走る前の準備運動を始めたようです
ここ数年の冬物インナーにちょっと不満です。
宮城です。
化繊の配合とか薄さとかは、この際言うまい…しかし…


何で長袖と袖なしの両極端展開か(#゜д゜)!?


私は、冬は2分袖~半袖のインナーを愛用しております。
袖なしは、いくら厚手でも、肩とかちょっとどうかなって思う日もありまして。
長袖はねぇ…あれ、手を洗う時とか洗い物する時とか、ジャマじゃないですか!
そうでなくとも私、腕の長さが標準的な想定よりもちょっと短いのな。ちなみに母もそう。
長袖って、Tシャツとかでも物によっては手がすっぽりですよ。
ましてや、インナー…そう、肌着の袖がさ、そんな長いとさ、服の袖もまくって、肌着の袖もまくらなきゃなんだよ?
えてしてそういう冬物インナーって、袖フツーに細いじゃないですか。ぴっちりして。
そんなん含め衣類を2枚も3枚も10cmレベルで一々まくる手間を考えてよ><
「手首を覆って全身の冷えを予防」とか、そんなんインナーの上の衣類だけでいいじゃんよ。
それとも何か。
インナーのメーカーの人たちは、トイレの後の手洗いを「指先だけちゃっちゃっと濡らして終わり」なタイプなのか?
炊事する時は一々腕カバーつけたり炊事用手袋するから袖なんか濡れませんってか?
いつからそれが“どうせきっと誰でもそう、それ以外の人のことは考慮に入れなくてもいい”生活様式になったんやろう…
昼寝したつもりが20年くらい眠ってしもとったとやろうか…解せぬ。




いつも通り、1ヶ月くらい前の予定を後からブログに上げる方式ですよー。

まずはこれー

まっさん人形と飛行機

(展示物のうち、まっさん人形は撮影OKとなっていましたので、1枚激写☆)
行ってきました【特別展 さだまさしの世界】@県立美術館
10月の下旬に、母と誘い合わせて。
県立美術館は、年間パスポート的なものがあるんです。プレミアムメンバーズっていうの。
こないだ更新して、今2年目。
年会費5000円で企画展とコレクション展が1年間何度でも無料なのだ。
館内のショップでのお買い物も10%引き(一部を除く)
歴史文化博物館の展示も、団体割引料金で見られるし。
元々は県内の高校や大学の美術系の学科とかの卒業生作品展目当てに美術館に行くようになったんですが、帰りにゆめタウンで買い物するのも楽しいしで、気分的距離がぐっと近くなると、企画展もちゃっと行ってちゃっと見られるな…と思うようになり。
ミュシャ展が来る時に、思い切って入会しました。
そんで1年目は、そのミュシャ展椛島勝一の世界展夢の美術館~めぐりあう名画たち~、それと県展(市展も?)を見ました。常設展も1回見たかな?
それから数ヶ月間が空いての2年目、星野道夫の旅スタジオジブリ・レイアウト展、県展と見て、まっさんな。
更新時に企画展招待券が2枚もらえるので、まっさん展見るため母に1枚渡したった。
残りはたぶん八代亜紀展を母と見に行くのに使うと思われ。
で、まっさん展。
絵画の展示と違って、色々説明の載ったパネルとかもあるので、じっくりじっくりでした。
これが噂の「いつも使ってるギターないなと思ってたらここ持ってきてあったんだーあぁじゃー収録できないな~」のギターか!とかw
私が「ハイ、じゃあ30億あげるよ、使っていいよ!」って言われても、こんな映画絶対撮りきらんやろ…とか。
まぁそれで、歩いて行ったら“インスタレーション”なる展示物スペースがありまして。
部屋の中央の円盤に立つとセンサーが反応し、ランダムで曲とそれに絡めた映像がわーっと流れるっていうものなんですわ。
話には聞いてたけど、人が多かったら絶対無理やし傍観して終わるゾーンになるかなぁと思ってて、しかしこの日は平日だったのでちょうど人が少ないタイミング。
さぁ前の人の曲と映像が止まった!回りに人ほどんどいない!チャンスだ!!

すちゃっ(飛び乗る)

海はぁ~死ぃにぃまぁすか~♪

ちょ、ちょちょちょっと…前の人たちの時は明るい歌流れてたのに、なして私でソレ(´;ω;`)?

制作当時何に使われた曲でー、とかいう背景は私はよく知らんからそこは何も言わんのだけど。
去年の夏におしゃもじさんを失くしてから、生き死にとか物事の終焉とかにちょっと過敏に反応してしまうことがあるもんで、非常に複雑な気分。。
まぁ言うてもね、案山子とかもぶわぁ涙出るんで、どの曲が流れても鼻にツーンと来た可能性はあるのですがね;


そんなこんなで、やっとこ11月の話に突入だ!
さっきからクロームが再三固まるけど、が、頑張る…


11月5日、日曜日。
毎年参加してる県文芸、今年も行ってきました。
今回は、『よるのはんせいかい』が長崎県文学賞の中の長崎県文芸協会賞をいただき、あと、応募した作品が現代詩部門の二席でした。一席獲った事ないよ…組織ではリーダーより二番手が美味しいと言うからな!ははは!←

※12月18日追記
長崎県文芸の色々は、賞金は出ませんぞー。ちょっと上等のボールペンとかをくれます。
もったいなくて昔のを包み紙共保存してるが、インクづまりとかに陥ったらもっともったいないので、そろそろ使おうか。。


ちなみに、ネット検索してもほとんど出てこない“長崎県文学賞”
ちょっと図解してみた。
  大体こんな  

長崎県文学賞の階層、図解

対象は、この1年に刊行された小説・随筆・現代詩・短歌・俳句・川柳どれかのジャンルの本で、一人の著者によるもの。
電子出版やワープロ作成物は対象外。
著者本人が応募することが必須。
ジャンルごとに各賞があるのではなくて、ジャンル横断で応募作品全体の中から順位づけみたいな方式です。
例年、10~15冊くらい応募があるようです。うち半分くらいは、何らかの賞をいただけている模様。
文芸協会賞は大体2~4人くらいです。
今回は大会会場を押さえた時期の都合から、締切が例年より2週間くらい早かったということもあり、応募は7冊どまりでした;
今年の本賞は西九州文学の同人の寺井さん(小説)が受賞されました。
次号の西九州文学合評会の後は打ち上げ懇親祝勝会ですかねぇ。私は生魚より唐揚げが好きです(アピール)
しかしこれがまた、11月下旬に長崎市内の書店5箇所くらい見て廻った限りでは、何もPOPとか出てないんですよね…
目立つところに移してあるでもなし。
てか、県文芸自体、文芸に携わっていると自負していながらその存在も知らない…なんて人がザラにいそうな悪寒('A`)
去年は小説部門の応募作品が1本だけだったりしたよ;
現代詩部門の応募者も、今や半分近くがお知り合いです;;
作品締切の時期がちょうど忙しいとか、大会に来るのが遠い(長崎市は県の南ぃーーの方ですので)みたいな理由かなぁ?
もうちょっと広まろうよ;県外は無理でも、せめて県内にはさぁ…


で、11月11日、土曜日。
詩のお知り合いに誘われて、長崎いのちの電話開局23周年記念公開講演会に行ってきました。
講師は上野誠氏。
「200年後の人のために吉野に植林してた」とか聞くと、現代人って何やってんだろ…って思わずにはいられなかった。
もはや私ら氷河期世代辺りは、社会的存在として認めてもらえてないんじゃねーのかなって。
「歴史に対する責任」何それオイシイの状態に陥って20年30年って感じがしますわ。
はっ、いかん。ダウナー思考になってきた…景気づけに歌でも歌うぜ!
鶴さん、亀さん、鶴さん、亀さん♪鶴さん、亀さん、つry


翌週18日は、県立図書館にて、「生誕100年宮崎康平を語る」の講座を聞いてきました。
この日、何でか知らんけど、路面電車がゆっくりゆっくりで、いつもより10分くらいは長くかかった気がする…
遅れて会場に入ったので、もう私としてはひっそり柱の陰で立ち見してもよかったんだけど、案内のお姉さんが「あの辺の列が空いてるからお座りになったら」って。列の端っこに人座ってるのに、入りづらいよ(;´Д`)
しかしやっぱり座席が半分以上ぽこぽこ空いてる状態で立ち見ってのもアレなので、すいませんすいませーんて小声で言いながら、列の端から4つめくらいの席に入れてもらいました;

第42回県立図書館講座

宮崎氏が大変な思いをしてその発展に貢献された島鉄、こないだ、長崎自動車(長崎バスの会社)の傘下に入ったんだよね。
時代の流れですかねぇ…
南側路線廃止の時とかも、もっと何ヶ月も前からメディアを通じて地元のみならず県外に向けて情報発信してみたら、もうちょっとくらい何とかならんかったんやろうかという気が今でもするです。甘いだろか。
講演ですが、上村紀元さんと、宮崎氏の奥様の和子さんとのトークみたいな形式で進行しました。
いやぁ、上村さん、お話上手よねぇ…飽きんかったねぇ。
講演後に県立図書館4階の郷土資料展示室で宮崎氏の直筆の校歌原稿とか、見てきました。
「島原半島の学校だと大体どこも同じ山と海が見えるから苦労した」みたいな記事も。あーなるほどねぇ…^^;
ちなみに私の通った中学校は別な方の作詞でした。
高校はあの人ね。風木雲太郎さん。
校歌を歌ってた頃は、大人になってからこんなに仕事関係の人との話の中で名前を聞くとは思わなんだ。


講演聞いた翌日から、またちょっくら実家に戻ってました。
だめだ、わたしはこねこのまりょくにあらがえない。ほわほわ~~~
で、月初めの生さだ、大体毎月実家で録画してあるので、11月の県立美術館からの分もあるやろーと思ってリモコンをいじってたら、何か見当たらない…母に訊いたら
「いや、なかったけん、録っとらんよ」
ってえぇえええぇえぇえぇえぇぇえぇえぇえぇえぇぇえぇえぇ
そんなはずなかろうもん…私その日、テレビがダブルチューナーじゃないから、毎週見てる深夜アニメを見て、それが終わってから数分間NHK見たけど、映ってたよ…?
おおかた、日曜の夜に番組表見て「あ、今週じゃない」って思ったに違いないよ…
あれは土曜の夜から日付変わって日曜の午前すぐなんだよ……シクシクシク………
残念すぎるわー。
せっかく、前回の放送後に、てっしーが予告してくれたのに。てっしー何年か前まで長崎いたからカメラ回ってない時に話とかしたのかなぁって妄想するのも楽しかったのに。わーん。


あー、やっとこ11月の下旬の分まで書けたかけた。
今回はこの辺までにしとこ。





そういや、1年前、県文芸の直前にバタバタして熊本の親戚のところに行ってたでしょう。
あの時会ったおじちゃんね、今年の6月に亡くなりました。
別に、先が分かんないだとか言われて行ったわけじゃなかったんだけどね。不思議よね。
せめても、行っといて良かったなぁと思いました。



今回はオマケ画像なし!
ってか、いつも記事作成中に改行をちょっと余分に打っといて画像挿入後に文字の設定が分かんなくなったりするのを予防して、でもそのまま改行消し忘れて送信しちゃうので、記事の後ろにだだっ広い余白が入っちゃってるようですね;
反転隠し記事とかじゃーないのだww



あれ、10月終わってた…(唖然)
私は、この季節になると声を大にして言いたいことがあーる!



風邪は目から入る!!!



目って、粘膜と皮膚(外側)とがすごく近いじゃないですかー。
手洗いうがいマスクって言って注意喚起はよくなされるし、実践してる人も多かろうけど…


出先で目をこすったりしたら、そっから風邪のウィルスやら何やら、体内に入るから!!


粘膜は弱いんだよ…気をつけなはれ。




さてさて、10月はバタバタしてるうちに終わっておりました。
いやぁびっくり
ネタも貯まっています。
昔の預貯金みたいに増えんやろうか…



そもそも、書こうと思ってた最初の話題は、9月末のでした(爆)


17年の九州詩人祭

九州詩人祭に行ってきたんやー。

9月30日土曜日。
今回は佐賀県でした。
佐賀駅のあっち側は初めて行ったかも。
会場の千代田館っていうホテル、巨大すぎず、でも小さすぎず、イベントやるにはいい感じでした。
懇親会でゆっくりしたかったので宿泊の予約も入れていたんですが、部屋とバスルームとの間に段差がないのがポイント高い!

会は、合唱を聴いたり、エジプトの写真を見ながら うらいちら さんの講演を聴いたり、各県の報告時間があったり。
合唱では「魔王」とか出てきました。シューベルトのアレ。
私が中学で習った時は、教材レコードの感情タップリ朗読部分でクラス大爆笑だったりしたものですが、上品な訳詞を曲に乗せて歌ってもらうと、だいぶんイメージ変わりますな!
日本の合唱曲も出てきました。合唱曲集『地平線のかなたへ』から谷川俊太郎作品の「春に」「二十億光年の孤独」曲はいずれも木下牧子氏によるもの。
「春に」は良かったなぁ。これ初めて聴きました。
中学生の頃にこの歌に出会ってたら、きっと違ったと思う!
私のいた中学校って、合唱では「モルダウ」の取り合い、大穴で「大地讃頌」「樹氷の街」って感じで。
どうかすると「冬が来る前に」とか「太陽がくれた季節」とかだったよ;「もしもピアノが弾けたなら」を選ばされそうになったり。悪い歌じゃーないけど、昭和の経済成長期かよ;;
確か3年生の時に「名づけられた葉」を歌って、これはずーっと覚えてる。時々思い出して考える。
他のクラスが歌ってたの、タイトルは「木琴」だったかな?これも印象的。
自分とは何ぞや?って考えたくなる時期には、レンアイとか題材にしてる歌謡曲の合唱アレンジで妥協するよりは、しっかり練られた詩の歌を歌ったり聞いたりする機会が多くあった方がいいんじゃないのかなー…などと思いました。
講演の時はちょっと寝てしまった;
お部屋暗かったし…かもめ対策で酔い止め飲んでたのも影響したかも…すみません;;
カイロはデジカメ持ち歩いてたら排ガスでやられるほど大気汚染がヒドイんですってよ。私色んな意味で行けんな。
高校の修学旅行で北京に行ったんですが、あん時は寒さのせいでビデオカメラ(放送部機材)のバッテリーが即落ちして驚きました。
精密機器って、衝撃以外でもダメージ受けるんだなぁ…
一周前の佐賀大会でも今回でも、長崎県からの参加者は私一人でした;
※後日追記 一周前は懇親会「が」長崎県から一人だったかも。
県の詩人会がなくて持ち回りに加わってないのも、長崎県だけなんだよなぁ(-ω-`)


はい次っ!


その翌週、10月の7・8・9日は、長崎くんちですっ☆☆☆
今年は10月7日の「まえび(前日と書く)」に、銅座町の南蛮船を追っかけた。

17年くんちの南蛮船

どんくらい追っかけたかって…

長崎駅前で電車を降りて。
他の踊り町の庭先周りを見たりしながらぐるぐる回り道して大波止へ行き。
無料配布の日程表(大波止の交番前にある)をいただいて川の横を通り、出島へ出て。
出島の横を通って鉄橋のところから浜町アーケードへ入り。
ぐるぐる回るも遭遇しないので浜屋の前の案内書で話を聞いたら、諏訪小学校の辺りに居ると分かり。
諏訪小学校へ向かおうとアーケードの端の方へ出てきたら、よく奉納場所で演し物の前に挨拶してるお子さんとお母ちゃん達らしき一群を発見する。
走って寺町の方へ上って曲がる。
諏訪小学校の辺りから南蛮船がやって来る!
で、そこからは、一力の前とか市民会館の裏の橋とか通り、電車通りを渡り、桶屋町の警察署の裏を通り(オモテから回り込んで見た)
勝山町の坂を上って桜町小学校の前まで着いて行きました。
南蛮船とはここでお別れして、大波止へ戻ります。
市役所の前を通って、たまにはこの辺の知らない道歩きたいなと思ったので、県庁まで行かずに途中の細い路地を通って大波止の電停まで下って、そんで夢しゃーと前の御旅所でお参りをして、買い物して、帰宅。
この日の歩数、1万6000歩以上
今年は龍踊りなかったんだよね。かしらが龍の船はあったけど。
あと、踊り町が5つしかなかったんですわ。
「踊り町こんな少なかったっけ?」
と思って過去の日程表を取り出してみたら、やっぱり少ない方みたい。
踊り町6つの年のと、7つの年のと出てきました。
まぁ今年はそんなにたくさんあっても見られなかったんだ、個人的には。
翌日にも予定があったからな。。


というわけで、次っ!
行ってきました文学フリマ@福岡天神。10月8日、日曜日。


17年福岡文フリ戦利品

戦利品。
6月のポエイチでだいぶんあらぶったので、今回は買った物少な目。

これまた酔い止めの影響か、ノドが痛くなり、会場の外で水分補給しつつ一休みしていたら、九州詩人祭に来ていた佐賀の方とばったり遭遇(p゜◇゜q)!
で、そのお友達の方のブースを訪ねたりと、予定外の楽しいことがありました。
帰りは、わしたショップ&みちのくプラザへ行くつもりだったんですが、久々だったのでルートをはっきり覚えていなくて(ポエイチの時は荷物の多さに断念して行かなかった)
その佐賀の方に連れてってもらうというカッコ悪い流れに;
おぉぉお世話かけます(;´Д`A ```
しかし、該当エリアに着いてみると…




わしたショップがない…?




私の記憶違いかもですえへへーとか言って、みちのくプラザへ行き、そこで佐賀の方とはお別れして、南部せんべいのチョコサンドなどを買いました。
で、いつものソラリアでインキューブぐるぐる。
バスで博多駅に戻って、駅のスーパーでちょこっと買い物して、白くないかもめに乗って帰宅。

わしたショップですが、天神の店舗は、去年の5月末に閉店してたんですね。
そんで、同年の8月に、上川端商店街にオープンしてたらしく。
うわー;それポエイチの時気づかなかったかなー;
「ここにもあるのかー」くらいの認識で素通りしたのかなぁ…
ちんすこうショコラが買いたかったんだよぅ。
寒い時期になると、限定味が出るじゃないですか。ホワイトチョコとか。
この次に福岡に行った時こそ…!!



さて、当初の予定では、この次にもう一つネタが入る予定でした。




流れました。





悪天候に阻まれたーッ・゜・(ノД`)・゜・。




まるまる島原半島
↑島原半島観光連盟公式ホームページ「まるまる島原半島」内のページ
(別窓が出ます)
上記のページで取り上げられているシーライナー
かつてあったという、長崎は茂木港と島原半島の小浜を結ぶ航路、それを期間限定で復活させたとのことで。
実家に帰省する往路の方で、乗るつもりだったんです。10月14日土曜日。
ワクワクドキドキで予約の電話も済ませてたんです。
前の日に母と
「あらー明日天気悪かごたるけど、どうかねぇ…」
「まぁ予約の時に電話番号知らせてるから、何かあったら連絡来るでしょ」
なんて話してたら、当日朝
本日のシーライナーは悪天候のため欠航になりました
との電話が。。


3日間の期間限定運行、私の乗る14日だけ欠航でした。
15日もダメやったばいなーと思いながら記事書くために検索してたら、15日は運航してたっぽい!そんなっw

実家が小浜温泉の近くなんですよ(生家ではないよ)
海の上から実家のある町を見たらどんな気分なのかなぁと楽しみにしてたんです。
ものすごく。すごくごくごく。
また何かの機会に運航してくれないかなーと願うばかりです。


さて、この週から3回続けて、長崎県は週末悪天候に見舞われるのであった。

あ、28日は風強いものの天気自体はそこまで悪くはなかったかな…
まぁまさか10月の後半になって台風2回も来るとか思わないよね!
9月の台風では洗濯機の操作盤カバーが外れてしまいましたが、10月の台風では、洗濯機全体を覆うようにかけていた市販の防水カバー(雨合羽みたいな素材の)のゴムが切れてしまいました(ノ_ _;)ノ
今はカバー上端をビニ紐で本体に縛り付けてる。
洗濯機自体の耐用年数が7年と表示されていて、来年がそれで、室外に設置してるので、ホントに来年で買い替えになりそうな気はしています。今年はもってちょうだいよ。。
その時に使いかけのカバーを外したりまたつけたりは面倒だから、買い替えの時期まで、このカバーで乗り切る所存です。


そうそうー
10月週末って言えば、選挙がありましたねー。
私は毎回、安定の期日前投票派です。
これ、
特別の事情がない限りはダメなのかな…
って思って遠慮してる人がいたら、もったいない。
当日投票来れない事由(理由のこと)の欄は区分が5つありまして、ざっくり書くと

1:仕事や学業や地域行事・冠婚葬祭
2:当日は旅行とかで区域外にお出かけしてる
3:ちょっと歩きにくい状態とか施設に居る
5:よそのエリアに住んでるんだよー
6:当日のお天気がどうも悪そう

どれかを選べばOK!
私は毎回1番で出してます。
おうちで本を読んだりだ。作品書けたら書く。
疲れが溜まってるなら寝るかもだし。
場所にもよるだろうけど、期日前投票所は大体夜の7時までは開いてるところが多いので、お気軽にGoだよ。





オマケ画像。


17年くんちの合間に撮影した電車



カール電車!

昔「それ見つけてもおやつはカール♪」だと思ってた…^^;






○やぎさんからお手紙ついた♪
公共交通インフラの維持活動にいそしんでいます。宮城です。

みんながみんな自家用車で移動しちゃったら、バスとか電車とか「採算がとれません」つって本数が減ったり路線が廃止されたりしちゃうんだよー。
現に、私が高校生の頃に通学で利用していた県営バス、今は実家のある自治体を通りません。
長崎市・諫早市・大村市その辺だけになっちまった;
この憂き目をこれ以上味わいたくないわぁ。
昨今は
「高齢者の運転が危ない!免許や車は取り上げろ!」
「交通機関がないから自分で運転するしかないんだ!無茶言うな!」
の不毛な争いが繰り広げられておりますな。
輸送用機器が基幹産業であることは分かってるけど、今更ステイタスシンボルでもあるまい?
維持費がかかる、運動の機会を奪う、帰路で体調不良や飲酒後でも「家まで運転するだけだから」とハンドル握っちゃう人が出て来る等々、私にはリスクの塊に見えることがある。
それでも車乗りたい人、車好きな人、忙しくて背に腹は代えられん人とかは、乗ればいいよ。
時々乗っけてもらってお世話になってるし、理解不能だなんて言いません。
ただ私は、公共交通機関でも事足りる時には、できるだけそれらを利用するようにしています。

まぁほんで、今年は高校卒業後初めての同窓会があったんや。盆前に。
それにもJRで行ったよ。
帰りはさすがに遅い時間だったので、近くの友達とタクシー乗り合わせて駅から家の近くまで戻りましたが。
その数日前は、本家(浄土宗)の盆経に母が応対しに行くので、留守番のために実家に行っておりました。
そして同窓会の翌日、よれよれの状態で実家に行きました。
盆は盆で、お仏壇に毎日お供えとかするんで、また母が本家に行くわけです。
実家(母方祖父母)は浄土真宗なのな。だからお盆にわざわざ毎日おもてなしとかはしなくてもいいの。
しかし、実家には猫まんじゅうさんたちがおられる。春に生まれたチビさんたちも加わって(ニヤニヤ)
だから実家のお留守番に再びねー。
もうさぁ、そんなわけで半月で3回、実家と自分ちを往復しただよ。
さすがにあれだよねヽ(。▽、゜)ノアヒャハハハー

ちなみによ、8月の上旬は、郵便物を50通あまり投函とかしていたのですな。
何でってさぁ…

西九州文学会の会計に任命されただよ。

その会計の仕事として、同人誌を発行したら会員宛ての送付作業もせんといかんのですよ。
任期は無期限代わりを見つけるか何かが終焉するまで)です。
そして無報酬☆

ぅわあああああ(`Д´)ああああああry


そげな感じで、8月は結構ボロっていました;
あぁそうそう、発行した同人誌の合評会もあったよねー
読まずに行くわけにはいかないよねー、ねー


のんびりしたいなぁ(´Д`)



また今度実家に行って猫まみれになってこよっと。癒しを我に(ゴゴゴゴ
分別のあるおとな猫は好きだけど、子猫は子猫でやはり良いものだ。
お砂の掃除すら楽しいのぜ。




この一年は絶対、一生のうちで一番ポスト&郵便局に出向いたと思いますよ。
発見も色々。



こまめこまめにハコ開け

長崎中央郵便局前のポストの集荷時刻表。
最近になって7時の分がナシになってたので急きょ画像編集しましたが、すごいよねこの頻度!
おおむね1~2時間間隔とか…
いっそこの上にちっさい部屋作って住みたいよw


街は祭りのようだけどお弔い

こっちはもう少し家に近いエリアのポスト。
精霊流しに伴って集荷の時間が変わります、とか長崎ならでは
へぇーそうなんだーさすが長崎だー発見だーと思って撮影したつもりが、フォルダ見てたら去年の画像もあった(爆



久々に暑中見舞い&残暑見舞いでかもめ~るにもお世話になりましたよ。
「残暑見舞い」の文言がいつまで通用するんかなぁと調べたところ、
8月いっぱいが無難
という説明と
9月上旬の白露まで
という説明がありました。
でもかもめ~るの抽選日が9月の4日だったんですよ。
だから、いくらなんでも発表前に投函しておきたい(「ハズレ寄こしやがった!」って感じになるのイヤやん)
で、どうかなー何日につくのかなーと窓口の人に訊いてみたんよ。
これまでは漠然と「普通郵便(定型内)なら関ヶ原くらいまでは翌日つくんじゃないかしら」と思ってました。
そしたら「大きな空港から先方のおうちまでどれくらい離れてるか」で違うとのこと(゜д゜)!
東京都内は大体翌日着くけど、神奈川県だと翌々日になるかもです、みたいな感じの回答をいただきました。
びっくりだよー
大阪府内なら翌日だけど兵庫県だと翌々日、とかね。
山口県だと、陸路で行くみたいで、何事もなければ翌日着らしい。

そんで、夏の疲れで作業効率の上がらなかった私は、かもめ~るを余らせてしまったのですよ。
誤字ボツとかもあったな。
「~にもかかわらず」って漢字だと「関わらず」じゃないんやで!拘泥の拘で「拘らず」なんだ!
別件で指摘されて、おぉーためになったーとか思ってたのに、うっかり間違ってしまったのでボツなのぜ。
ホント何なんでしょう、ハガキとか手紙とか、もう毎回、劣等感との闘いです。
行が偏るとか、ずっと同じペンで書いてるのにだんだん線が細くなるとか、便箋あと2行で埋まるってところで誤字とか…
そういうのがサクサク問題なく進んでたら、お礼状とか今の1.5倍くらいは出せてたと思いますホントです
1日に何度も書き損じてると、もう苛まれ過ぎて不貞寝です消え入りたいです。
今頃こんなハガキよう出して来れたな。厚顔無恥か!」とか思わず、ご笑納くださいね。。

余ったハガキとボツったハガキは、手数料を払って切手と交換してきました。
私、ハガキは同額の切手としか交換できないと思ってたけど、違うみたいね。
いくらの切手にしますかって訊かれたくらいだし。
で、8枚持って行ったんですが「手数料プラス差額を出して10枚1組の記念切手と交換」というのはできないそうです。あれは現金販売のみらしい。
よって桜の花のを8枚ゲットしてきました。
82円にする手もあったんだけど、それよりもっと気になってたのは、10円切手
今年の6月に料金変更になったじゃないですか。ハガキ。
だから、去年の冬の切手とか、10円プラスしないと使えないんですよ。
でも、今ある10円切手って、リアル路線絵画ちっくなトキなので、イラストテイストの記念切手と合わせて使うには、何かビミョー…
もっとこう、ファンシー?ポップ?カジュアル?な路線の10円切手が出ないかなぁ。
いっそ海外向け差額用のお団子だったか、あれに手を出しちゃう?
うーんでもちょっともったいないかな。可愛いけどな。うぅ



今月も今月とて、昔々のお礼をしたためようとハガキを色々買いました。私製ハガキの方な。
オトモダチ宛てじゃないしなぁと思って、縦書きにも合う物を選ぶようにしています。
そして書き損じやら何やらのためにペースが上がらず、着々とオフシーズンストックが増えていくのです。
きっと来年の同じ時期には買えない分、使えば他の方とかぶりづらいという利点が…あるはず…!!笑





オマケ画像。

メガネ。


二次元への扉

自画像のメガネ、あれは便宜上フレームの上側を省略して描いているのではなかったんですねー。
ホントにこんなの持ってるんですねー。
天神に黄色いビルのあるメガネ屋さんの長崎市内の支店で作ったよ(`・ω・´)
二次元キャラのようだろう!








雨降って夏が来て
缶コーヒーはB級グルメとして楽しんでいます。
宮城です。
お店で!ドリップで!サイフォンで!!とかには及ばないかも知んないよ。そらぁ。
でも、缶コーヒーは缶コーヒーとしてのポジションがあると思うの。
こう、気負わずに、駄菓子買うみたいな感じで、ブレイクしちゃおう的な?
まぁちょっと甘すぎるのが多いかなぁ…
だからって良く分からない甘味料入れて“微糖”て言われても、それ、どうだろう;
私は週に1本飲むかどうかの頻度なので、糖分とかカロリーとかはあんまり気にしない人です。
あくまで味。ていうか好みに合致するかどうかだ☆


気づいたら、また前の更新から2ヶ月近く経ってました;
ご心配おかけしていたらすみません;;
上旬頃に更新しようかー思ってたんですが、台風が来るやら、大雨で2つ3つ隣の県が大変なことになるやらで、ふざけた内容の記事をUPする気にもなれず。
かと言って、ボランティアだ!支援だ!みたいな積極的関与もできず。
一応喘息持ちだしなぁ。
災害ボランティアは自己完結が原則」て、寝る場所や食事(や、行き帰りの交通手段)全部自分で何とかできるタフな人がやらなきゃ却って迷惑をおかけすることになるという話ですし。
よって、市役所などの募金箱に硬貨を投じるのみ。
機会があれば、買って応援みたいな手法もね。
できることをします。



で、上旬に書こうと思っていた記事。
6月にね、行ってきました。
福岡ポエイチ
この時は傘持って行ったのに雨ほとんど降らなかったんだよなぁ…
佐賀に宿とって2daysしてきました。
あれね。びっくりしたね。
博多~佐賀って快速乗り換えなしでは行けないんだね!
ちなみに佐賀県から長崎終点までの快速っていうのも、ないんだよ;
何でJR九州はこんなに不便なのだ…いつからだ……
そんなこんなで、
長崎~博多は特急かもめを利用
博多~佐賀は1日目が快速+鈍行?快速乗り換え?で2日目は特急(昼前に着きたかったので)を利用しました。
かもめは酔い止め飲んで乗った。まぁ強烈なにおいを放つ人が近くにいなかったから良かった。
整髪料とかムスクとかもしんどいんですよ私;
言うて、自分がにおい発してないと断言する自信もないのですが;
一応リセッ○ュは携帯用ミニボトルで持ち歩いているぜ!香り残らないタイプ!!

で。

前回の記事の通り、ショルダーバッグで行ったよねー。
肩ベルトは新調した。
長さ一番短くしたんだけど、初代より長くなっちゃう…メンズビジネス用だからかのぅ('A`)
服装は

あつくるしいひと


こんな感じ(ネコ耳は心の目で見てくんしゃい)
ショルダーバッグをギターに見立てて、
そこはかとなくほんの少し若干きもちビジュアル系風味のテイスト
        をイメージしたコーデのつもりという説。


「どの辺が?」
んーと…リストバンドとかペンダントとか、かな。平素はそういうのつけないしな。
これプラス、サブバッグを肘にかけて。
まぁお日様さんさん夏の気候とまではいってなかったので、何とかなった。
でもやっぱり暑かった;
このなりで“かろのうろん”も食べて来たよ♪ごぼ天ずるるー

15年か前にちらっと博多区に住んでいたことがあったんですが、お櫛田さんにお参りしたのは、今回が初めてでした;
山笠飾ってあった!
川端通商店街も実は初めて通りました;;
中州が近いということもあってか、ごうかなおようふくのお店が複数。
あと、仏具店も充実(さくらさん用に豆ローソク買うか迷った)
川渡ったところのアクロス福岡に入ったのも初めてだったりする。
通りから見える1Fのお店、長崎では見かけないようなハガキが色々あってわなわなした。また行きたい…


福岡ポエイチ戦利品~

うすいほん…そうだぞうすいほんだ

大収穫!の3 kg
免疫なかったみたいでね。
「うわーこんなのあるんだ!
オシャレ!面白そう!欲しい!読みたい!」

と買い漁った結果、この量に。しかしこれでも厳選して買ったつもりである。
無料配布物も色々といただき。
1日目にスマートレターで少し自宅に送った分は3 kgに含みません。
そしてショルダーバッグで日頃から持ち歩いているこまごまとした物も3 kgには含みませんよー…
2日目、短歌短冊書いて提出したんだけど、荷物の重量に肩や背中や腰や腕などなどが悲鳴を上げ始めたため、講評聞くのは諦め;
お昼食べに行って、インキューブにもちらっと寄って買い物して、バスで博多駅まで戻って、夕方のかもめで長崎戻りでした。
ちなみに、提出した短歌は

「ナショナル」製の電気ポットやエアコンは街で出くわす旧知にも似て

シメが古臭い言い回しよね…^^;
出先でパナソニックじゃなくナショナルの方のロゴがついてる家電を見つけたら、何か懐かしい感じがしちゃうんですよ。
昭和生まれやし。
「わーこれナショナル!」とか言って撫でたりするよw
会場の冷泉荘に、ナショナルのポットが置いてあったんですよ。そこ着想で。
ポットをまじまじと見ていたのは、
1日目のゲストトークが始まる際、
はける方向を間違ってスタッフゾーンの方に行ってしまったから

…です;
にこやかにスタッフになりきって他の参加者さんの方を向いていられるわけもなく。
身をよじって、じっとポットを見る。
すみません;
関係者様お邪魔になりまして本当にすみません;;

後でブースにいた方に「スタッフさんですか?」って訊かれちゃって、恥ずかしいの何の。

懲りずに来年も都合がつけば行きたいなぁと思っております。




出入り禁止に…なっていませんように…。


鳥磯技!
もとい。取り急ぎ! ←わざとらしい…


手紙を書く時8割がたピグマペンを使ってます。宮城です。
太さは0.2か0.3ですね。宛名書きでは0.5を使うことも。たまにステッドラーだったり。
封筒の開封にはNTカッターの細工用黒軸タイプ。空中で、裏面を右から左に切ってます。
大学では漫研に入ってました。漫才じゃないよ、漫画の方ですよ。
宮城です。
生粋物書きならたぶん上記のシチュは万年筆&レターオープナーなんだろうなぁ。
自分、休み時間は読書じゃなくてお絵描きしてたタイプですんで。


何かうっかり1ヶ月間が空きました…
すっかりブログ更新の習慣が薄れてしまっているね。アワアワ;
しかしちょっと今週は今週で、あんまり時間取れないので、写真ブログでしのぐよ;;
おかしーなー…
先月の半ばは、テンプレ久方ぶりに変更しようと思ってフォントの種類の指定の仕方とか見てたはずなのにな…
それ以降何をやってたんだっけ('A`)?

ともかく、写真Go!

まずは、今年の桜。
前回の記事でも触れましたが、今年は開花が遅かったんですよねぇ…
17年の桜の写真
去年の8月に買い替えたコンパクトデジカメで撮影。
先代は画面上の全てのものにピントが合ってる写真がフツーだったので、コンデジってそういうもんなのだろうと思ってましたが…
これ、結構良くない?
枝にピントが合って、後ろの建物はソフトな感じ。
あぁ、いい買い物した><♪


夕方の稲佐山を大波止から
県立美術館前の交差点から稲佐山。携帯のカメラで撮影。
…実は稲佐山のロープウェイ、私まだ乗った事ないんだよ!
県民としてどうなのか!
ていうか、市民でもあるのに!!
母が稲佐山からの夜景を見たいと言ってるので、予習&下見を兼ねて、そのうち一人で行ってみようとは思ってます。



稲佐山と同じ日に、県美からちょっと歩いた大波止で撮った一枚。
これも携帯のカメラ。
夕方の夢彩都前から松枝方面を
手前の船は新・観光丸。
たしか昔ハウステンボスに居た奴。今は予約すれば女神大橋ら辺までぐるっと回る船旅ができるらしい?
右奥に見えるのは、いわゆるクルーズ船な。
海外からのお客が大勢お乗りだよ。
初めて、それとは知らず遠くからクルーズ船の一部を建物の間からチラッと見た時
あれ、いつの間にこんなとこにビル建ったっけか
と思いました。冗談じゃなくて。
いやホントにデカいんだこれが…



眼鏡橋と紫陽花2017
これは今月に入って撮影。コンデジ。
紫陽花まつり(と書いて〈おたくさまつり〉と読む)開催中の中島川沿い。
おなじみの眼鏡橋です。
撮影モードで“ライトトーン”っていうのを選択すると、こういうムーディな写真になるの。面白い~


こっちはまた携帯のカメラ使用。
尾曲がり猫のシルエットがオシャレである
路面電車の“みなと”に乗りました。
濃い青の車体が何かやっぱり一味違って「レアなのに乗ったぞ☆」と誇らしい。
フツーに市内を通常の車両と一緒にぐるぐる営業運転しています。
長崎電気軌道のサイトに行くと、現在位置が分かります。
蛍茶屋~赤迫、正覚寺下~赤迫、どっちを通ってるのも見たことがある。
撮影した日は蛍茶屋行きに乗って公会堂前で降りました。
公会堂、めっちゃ解体してんねんけど、電停の名前どうなるんやろ…;





さてさて、いつもネタは後出し小出し方式ですが。
ここからちょっと未来の話だ。
今週末10日11日福岡ポエイチに出かけてみようと思っています。
宵っ張りが長崎から酔い止め飲んで特急乗って出て来るので、駅に着くのは13時くらいになるかなぁ。日曜はもうちょい早く着けそう。
ブースとか販売とかは何も申し込んでません。
猫の集会を見学するニューカマー のていで、おっかなびっくりうろつく予定。
先月縮毛矯正かけたので髪のボリュームが当社比半減くらいですが、まぁ大体プロフ絵みたいな感じです。
ショルダーバッグ抱えてます。
フレットレスとかトリプルネックとかではないフツーのショルダーです。アンプもありません。
こないだ肩ベルトの本体接続部がベキッと崩壊したので、肩ベルトのみ買い換えました。
金属のフックがだよ…折れたんだよ…嘘でしょ、て呆気にとられたさ……
そんな酷使しとったやろうか(;´Д`)

週末、雨も降るらしいよ!
私か!私のせいか!!
去年だって、本州に旅行するつもりで空路と宿を押さえたのに、台風の進路が微妙だったので取りやめたことがあるよ!!


…。

関係者各位、どうもすみません(しょぼん)




拙著についての情報ですー

『詩と思想』5月号(4月下旬発売)にて、佐々木貴子さんに書評を書いていただきました。
ありがとうございます☆




6月22日追記でーす。

トラックバックリンクを近いうちに整理しようと思います。
トラックバックって、先方がブログやめて消してしまわれてても残るんですねぇ…
それこそ10年以上前?にローカルの小規模なレンタルサーバのブログを使ってたんだけど、そのサーバがトラブって読み込みもままならなくなったためにFC2に集団移転(笑)したんですよ。
その当時に行き来があった方と、何か目新しい機能があるから使いましょう~って感じで相互に試してた名残。
トラックバック先がない今となっては、タイトル一覧だけ客観的に眺めると「え…??」って雰囲気ですが、別に怪しい内容だったわけではなく県内で暮らすどこかのおうちのお父ちゃんオサレすふ楽しい日記でしたん^^;
私が文校の通教でオベンキョウを開始した頃から、文芸にまつわる知識も経験も不足してる中で「感じたことをそのまま書いてっていいんだろうか」って迷いがあったり、着せ替えアバターサイトにうつつを抜かしていた等の理由で更新しなくなってしまい、リンク先の方々ともすっかり疎遠になって;
申し訳ないなぁと思ってたので、しばらくそのまま残してたんですがね。
更新復帰の予定のなさそうなところや、リンク先がありません表示のところは、整理させていただくことにしました。

まだ「夢」を「叶えたい」的な段階の、どこまで本気なのか、いつまで続くのか分からない文芸もどきブログを書いていた当時の私とやりとりをしてくださった皆さん、ありがとう!
またいつかどこかでお会いしたり言葉を交わす機会があったら「お前まだ悪あがきしてたんかーw」ってつっついてやってください☆













プロフィール

宮城ま咲

Author:宮城ま咲
年がら年中ショルダーバッグで出歩く流行逆行型。
猫の皮を被った柴犬の皮を被ったおっさんのような生きものです。もっさりしているよ!
色々な意味で過渡期(曲がり角だとか何とか)
たまにネタが根づまりして丸ごとやーめたってなりますのよ。あーね

※表示される広告はランダムで、当方が推奨するものではありません。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する